40歳からウェブを学んで、飯が食えるのか?

ウェブ界隈についての体験や気づきをつづります。

40歳からウェブで飯を食うためにやってること4つ+αはこんな感じです。



わたしは、会社が廃業してからというもの、ウェブデザイナーになることを考えていました。それは、情報処理を専門学校で学び、新卒で11年勤務した会社ではデスクワークを担当していた系譜からだと思っています。

対人関係や力仕事を仕事としていくことを自分の中で選択できない。
だから、営業やトラックのドライバーといった仕事があふれていても、自分ではどうしても進んでみようとは思えませんでした。
それが、ウェブデザイナーという方向性にたどり着いたのです。

新卒で就職活動をしていた当時はスキルがそれほどなくても、正社員のデスクワークに就くことができました。それから11年後に会社廃業によって就職活動をせざるを得なくなりました。

職探しをしていると、求人情勢は大きく様変わりしていました。男でデスクワークに就けるのは正社員としてなら、プログラマやシステムエンジニアなどよほどのスキルがない人でないと厳しいことになっていました。

事務職は女性の縄張りと化しており、どの企業も女性枠となっているありさまです。

f:id:koi_0827:20180326184646j:plain

さらに、ウェブ業界は人を育成している暇がないことも痛感しました。
ウェブデザイナーになるにしても、未経験者は門前払いです。
アルバイトですら、photoshopやIllustratorが扱えないとお話にならないのです。

わたしは、会社が廃業してから1か月後にはウェブデザイナーの職業訓練校へ入校しました。当然のことながら、たったの3ヶ月での訓練では企業に採用されるようなスキルには至りません。

それから、ウェブスクールに通って、さらにウェブデザイナーとしてのスキルを高めました。が、想像以上に自分のスキル不足の穴が大きく、正社員としてウェブデザイナーにはなれませんでした。

35歳を迎えようとしていたため、「正社員」という葛藤との闘いです。
アルバイトとしてウェブデザイナーに就こうとは考えられませんでした。

早く仕事に就かなければならない焦りと両親からの無職に対する激しいバッシングに
耐えられなくなり、現在の製造業の仕事に就くことを決断しました。
ただし、製造現場では請負であり配属先では、かなり肩身が狭いです。

あれから5年経ちましたが、最近また、ウェブに興味が湧いてきています。
ウェブで何とか飯を食っていけないかと考えて、仕事を終えてからスキルアップを図っています。
ぶっちゃけ、ウェブが楽しいからやっているという趣味的な要素もあります。
正直いって、40歳を過ぎてから退職までの未来に向かってウェブで食っていけるとは考えてません。
何か副業的なことにでも役立てないだろうか?
また、生きるすべとしてのスキルを何か身に着けておいたほうがいいと思い、学んでいます。40歳を迎えたぼくが、(ウェブで食うために?)半分は趣味的要素でやっていることは次の4つです。

1.プログラミング学習ウェブサービスのプロゲートを実践

プロゲートは、手軽にHTMLやスタイルシートが学べ、さらにはプログラミングまで網羅しているウェブサービスです。プロゲートを初めて知ったのは、大阪に一人旅行したときの日本橋のスーパーホテルにて。

スマホでツイッターを何の気なしに見ていたら、プロゲートを進めているツイートを発見しました。後から知ったのですが、ホリエモンチャンネルでプロゲートは紹介されており、代表の加藤将倫氏は東京大学休学中にプロゲートを立ち上げたそうです。
無料と有料プランに分かれています。

月額980円のプランには必ず入会したほうが良いです。無料だと閲覧できるレッスンが2割程度なので、スキルアップには至らないですね。
プレミアムは月額2,980円なので絶対に入会したほうが良いとは思いませんが...。

プロゲートは実際にコードを入力しながらステップアップしていけるのが非常に良いです。簡単なところから始めて、少しづつ難しくなっていくのでゲーム感覚で楽しめます。つまづいたら、復讐は何度でもやり直せるので確実にスキルアップにつながります。

2.動画でphotoshopとIllustratorを動かして学習する

本でphotoshopやIllustratorを学ぶとページを開いて確認して操作するという、かなり非効率なことの繰り返しになってしまいます。

なので、動画で実際に手を動かしながら学んだほうがスキルは早く身につきます。おすすめは、シェアウィズのWebデザイナーコースのオンライン学習が良いです。もちろん、有料でトータルで42時間の学習動画になっています。

23,800円とやや高価ですが、初心者が中級者になるにあたっては十分価値ある学習動画です。幸いなことに、わたしは古いノートパソコンと、現在使用しているノートパソコンの2台持ちです。

左で古いノートパソコンで動画DVDを再生しながら、右でスペックの高い現在のノートパソコンを置き、学習動画を実践しています。
こうすることで、画面にゆとりをもって作業ができるので快適ですww

アドビの公式youtubeチャンネルもよいのですが、実践で使用するサンプル写真をダウンロードするには、クリエイティブクラウドの会員になっていることが必須になります。会員になろうと考えている人にとっては適した学習動画になります。

他には個人でyoutubeに初心者向けにphotoshopやIllustratorを教えている人もいます。サンプル写真の提供がなかなかされていない場合が多いので、わたしにとってはやや不満...。無料提供というのは、こういったところが有料とは違うと認識しています。

3.永江一石さんのメルマガを購読

ウェブ界隈においては、かなり著名な人です。
3年ほど前に彼のブログをちょこちょこと見ていくうちに、にわかファンになりました。「自分の書きたいことよりも、人が読みたいと思うことを書くべし」という通り
10記事に1記事は心打たれる記事にヒットします。
ほぼ毎日更新というのが素敵です。

有料メルマガはさらにウェブを学ぶものにとっては面白い内容になっています。
かなり的確なアドバイスをされていると思います。あとは、仕事に取り組む姿勢とかも学べて役に立つことは多々あります。

実際にネット上で情報発信していて、永江一石さんのような著名で確かな視点を持ちウェブに対して個人にも役立つことを教えてくれる人っていないんですよねぇ。

ホリエモンとかの知名度までいってしまうと相当に大きな範囲で物事を見ているので
ウェブ以外のことにも目を向けすぎてしまっているため、親身さが薄いですね。

4.ホームページを作る人のネタ帳を拝読

永江一石さんとは対照的でブログの更新は一か月に一度といったところです。
中の人Yamadaさんのこういった言動がHUNTER×HUNTERの冨樫義博先生に被るんですよねぇ。
面白いけど、休載期間が長~いという、ファン泣かせなところwww
もう少し、記事更新の頻度を上げていかだけると嬉しいです。
ただし、古い記事でも新鮮なので、ウェブを学ぶ身としては過去エントリーも拝見させてもらっています。

Yamadaさんのブログを書くことに対してのアドバイスとかは肩の荷が下ります。
どちらかというと、役立つブログというよりも私の場合は楽しませてもらっているブログです。
Yamadaさんの役立つ系のウェブノウハウを取り入れられるほど自分自身が進化していないというのが本音です。もちろん、ブログを書く上で参考にしているところもあります。


そして、プラスαとして、自分の過去の経験やウェブを学んで思考したことをブログでアウトプットしています。アウトプットすることは、自分の行動の軌跡がわかるし、学んで得たことを自分の中で消化するためにも必要だと思っています。

「楽しい」と実感することを継続していくことが私にとってウェブ活動なので、40歳からウェブで何かの形で携わっていけることができればと考えています。