40歳からウェブを学んで、飯が食えるのか?

ウェブ界隈についての体験や気づきをつづります。

引きこもりを卒業したければ、とりあえずはフェイスブックで、リア充ごっこしてみたら?



人はどうして引きこもりになってしまうのか?

色々と考えてみたら、友だちがいないとか仕事が大変すぎて疲れて家から出たくない。ゲームしてるほうがハッピーだったり本当にさまざま。

あっ、ここで言う「引きこもり」はひとまず、仕事して、休日に家から出ない人を指します。無職を続けて、親に食べさせてもらってる「引きこもり」とは違いますから、そこはご了承ください。

出不精が引きこもりの最たるものになっているわけです。だったら、無理やりにでも休日に外出してみましょうよ。

写真を撮りにどこかへ出かけたりするのもいいです。(←スマホで十分)
一人で映画館へ行くのもいいですし、車があるなら高速道路のパーキングエリアで昼食とっても気分転換になります。

友だちが一人もいないからという理由だけで、引きこもっているのはもったいないです。わたしは、友だちが一人しかいませんが、それなりに外出を楽しんでいます。

幸いなことに、その友だちは旅行好きで計画を立てるのが大好き。
ツアーコンダクターをその友だちに任せて、今年のゴールデンウィークは高山に行く予定です。
基本的に彼が一緒に行こうという旅行は断らずに行くようにしていますね。

それだけで引きこもらなくて助かっています。

あと、私服はZOZOTOWNで9割は購入していますが、たまにセレクトショップをハシゴしたりするのも楽しいです。ファッションに多少なりとも興味があれば、セレクトショップに行くだけでも楽しいはずです。

そして、休日の行動をログに残すことを一番の目的として、フェイスブックを更新してみましょう。フェイスブックの更新のために行動するわけです。

そうすれば、かんたんに引きこもりを卒業することができます。

f:id:koi_0827:20180327224819j:plain

昨今では、モンハンやマリオなどを筆頭にゲームの数は果てしなく充実しまくってます。なんなら、ゲームの楽しさをフェイスブックで伝えても盛り上がってくれる人はいるでしょう。

ひょっとしたら、あなたの更新に興味をもち、新しい「出会い」があるかもしれません。恋愛対象を探すための出会いだけではありません。趣味友との繋がりのチャンスを見つけてみましょう。

フェイスブックは友だちとの繋がりやビジネスパートナーとの「出会い」が魅力なプラットフォームですが、自分の行動を残していくことのほうが大切だと思います。

その行動を振り返り、自分を見つめなおすこともできます。リア充を気取っていると周囲から思われても良いと思います。

人からどうでも良いと思われることでも、最初はどんどんフェイスブックで自分を表現していったほうが確実に楽しい人生を過ごせるので、引きこもっている人こそ、フェイスブックをやってみましょう。


余談ですが、フェイスブックを頻繁にやってる人で、それなりの名の知れた大学を卒業した人は、大学名もちゃんとご入力されていますwww
わたしなど、浪人しても入れる大学がなく、専門学校卒業のため、堂々と最終学歴かけません。しかも、この少子化で卒業した専門学校自体がいまは潰れて、存在していませんし。