アウトプットで飯が食えるのか?

実体験やウェブについての気づきを綴ります。

わたしがブログを書く理由



190日ぶりにブログを毎日書いていくんだと決心してみました。まずは、ブログ理論みたいなことを記事に書こうとiPhoneのタイマーを使ってどれだけのスピードでどれぐらいの文字数の記事を書けるのか計ってみました。

結果は散々で、ブログ理論すら語れず、尚且つ文字数を稼ぐこともできませんでした。それまでライブドアブログで93記事ほど書き、(←現在は削除)

アドセンス報酬は500円ほどしかなかったド素人ブロガーにとって190日のブランクは果てしないものがありました。少しずつでいいからブログ記事を書けるようになっていこうと思っています。

で、本日の記事タイトルは単純に「わたしがブログを書く理由」です。

これは、イケダハヤトがブログネタに困ったらひたすらこのネタで書いとけみたいなことを言ってました。だから、500円しか稼げないブロガーの再出発にはちょーどいい記事タイトルではないかと思っています。
わたしがブログを書く理由・・・・・それは、、

情報発信で自分みたいな変な人間もいるとアピールしたいから

自分の変質性とかって友だちや同僚には言いずらかったりします。顔見知りの人に自分がエロ本買っているところを見られたくないのに近い気がします。だから実名を隠してブログを書いてネット上で見てもらうのが心地よいんです。

欲を言えば自分に賛同してくれる人からのコメントとか嬉しくなるでしょう。
自己アピールによって人から少しだけ褒めてもらいたいからブログを書くのが理由のひとつです。まだ見ぬ人と繋がりたいという欲求もあります。

アウトプットすることでインプットが増えて賢くなれるから

情報発信のことをアウトプットと言ったりしています。
当たり前ですが「アウトプット」はホリエモンからの受け売りです。

もちろん、わたしが考えた言葉ではありません。
中島聡さんの新刊もアウトプットを連呼しています。

f:id:koi_0827:20181005223118j:plain

アウトプットし続けるには勉強や体験をし続けなければなりません。とくに、わたしみたいに行動力が乏しい人間は色んなことをしなければ面白い人生を歩めません。ネットサーフィンとオナニーだけの人生で終わってしまいます。

それはキツいのでアウトプットとインプットをする生活をしてみようと思いました。すなわちブログを毎日書くようにしてみようと決心したのでした。

自分の中の発散したいことを文章化で視覚的に表現したいから

神田昌典先生の書籍に代表されるように書くことで不幸が解消されたり、夢が実現したりというのを唱える自己啓発本は読書家でなくても目にすることはあるかと思います。わたしもそのひとり。

実際に将来への不安だったり不勉強だったこれまでの人生へのモヤモヤ感はブログを書くというストレス発散によって精神が落ち着ついてくるのです。

イケダハヤトがブログはセラピーだと言ってますがその通りですね。肉体強化のためにウエイトトレーニングをすると外見が鍛えられます。その対局として、自信だったり精神を鍛えるのがブログを書くことだと思います。

勉強による爪あとを残しておきたいから

社会人になり、就いた仕事は残念ながらわたしの場合、好きなことではありません。本当に好きなことは人には言えないエロいことだったり、甘いモノ食うとかそういうかなり低いレベルのところに位置しています。

それをやることでお金が貰えるなんてムシが良すぎるとさえ思います。

で、少しレベルを上げた好きなことは、モヤっとではあるけれど「勉強」なのかもしれません。(←確信はないが。)

プログラミングやウェブデザイン、あとは最近はキレイな写真を撮って画像編集してみたいですね。
こういったことの記録がブログによるアウトプットになるかと思います。

あわよくばバズってpv数の増加やアドセンス報酬で悦に浸りたいから

正直、今の自分の収入に満足しておりません。あと10万円多く収入が入ってくれば良いと思っています。そこで、アドセンス収入やアフィリエイト収入が入る可能性としてブログを書くというのがあります。

他4つの理由プラス、お金が貰えたら素敵です。

アドセンス報酬は数値に見える達成感なので悦に浸れます。そして、ブログのpv数も自分の成果の証としての数値なのでこれらの数値の増加はブログを書くための理由に繋がっていきます。

バズるという体験も味わってみたいので、わたしはブログを書きます。

以上、190日ぶりに記事更新をしてみました。ブログを書く理由をざっとまとめましたが、これらは今現状の自分の想いです。

ブログの更新とともにブログを書く理由も変わってくると成長の実感が沸いてきます。自分の成長のために、わたしはブログを書いていきます。