アウトプットで飯が食えるのか?

実体験やウェブについての気づきを綴ります。

自分が飲み会に参加しないワケについて5つ挙げてみた



わたしは平日に酒を飲むことはしませんが、酒は大大大好きです。しかし大酒呑みとは程遠いです。ビールなら500ml缶を1本、水割りなら2杯、ロックなら1杯で超気持ちよくなれる人です。

プレミア焼酎「佐藤」がリカーマウンテンでたまたま一本だけ売れ残っていたことがあり迷わず購入したことがあります。
720mlがあっという間になくなったのを覚えています。

最近は太りやすくなってきたのでおつまみは控えめにしてポテトチップスは一生食べない勢いで、禁ポテしていますww

そんな酒好きなわたしですが、飲み会には参加していません。もう二年ほど。特に不自由なことはなく、むしろ快適な生活ができていると思います。

飲み会が仕事以上にしんどいと思えるには次のような理由が5つあって意識して飲み会には参加しないようにしています。

f:id:koi_0827:20181020192310j:plain

1.翌朝に起きられなくて精神的にしんどい

飲み会に参加すると翌朝が起きられません。確実に。
酔った勢いで二次会のカラオケにまで参加してしまうとヤバいです。
声は枯れるし気分は最悪。

当然のことながら終電ギリギリで帰り、そこから風呂に入って寝ます。翌朝は早く起きることはできずに下手したら昼過ぎまで寝るという効率の悪さ。

何をするにしてもスタートが遅くなるため、やる気まで失せてきます。その日は何をやっていたのかもわからずにムダな休日を過ごしてしまうのです。

基本的に頭は良くはないですが真面目な性格なので無駄を過ごすと悪いことをした気分になり、精神的にしんどくなります。
飲み会に参加せず、ブログを書く方が幸せです。

2.飲み放題って言ったってそんなに飲めねーし

飲み会に参加すると請負社員の身分なので、同僚や上司もそれなりの経済レベル。結局は居酒屋チェーン店の安い飲み放題に食べ放題となります。居酒屋チェーン店のメニューって油っこくてまずいです。

唯一マシなのが鍋料理なのですが、小食の奴も大食いの奴も同じ量を取り分けるシステムが構築されており、食える量は本当に少ないです。

そのわりには最低でも会計は三千円を超えます。最低三千円です。本当にコスパの悪い食事をしたといつも後味が悪いのです。

飲み会に参加せず、
三千円に少しプラスしてひつまぶしを食いにいったほうが幸せです。

3.誰が自分の前に座るかで飲み会が天国にも地獄にもなる

目の前に話の合う同僚や楽しい人が座れば飲み会は天国です。楽しい人は人気あるのでほぼほぼ目の前には座りません。

逆に趣味が合わなかったりあまり会話しない人が目の前に座ると地獄です。
気を遣って話しますが会話は続かない。(←経験上、苦しすぎ。)

わたしの場合は30人飲み会に参加者がいたら天国を感じれる人は、せいぜい5人です。確実に地獄になる確率の方が高いのです。

今年のゴールデンウィークは四国へ行き高知でビール飲みながら本場のかつおのたたきを食しました。気の合う同僚との旅行だったので飲みも楽しい!

気の合う同僚や友だちと数人で飲みに行くのは全然良いです。
これは、飲み会とは呼べませんが。

飲み会に参加せず、早く帰って翌日のドライブに備えたほうが幸せです。

4.楽しいはずのコンパだが女子が打ち解けずに終了

はっきり言って女子と酒飲んで楽しめるのはお金を女子に払ったときだけ。
キャバクラしかありません。

コンパには何度も参加しましたが恋人になった女はゼロです。飲み会は女の分の飲み代出して連絡来ないという痛い経験が多いです。

いまはそうでもありませんが、一時期、ビールの味がコンパの無様な敗戦とリンクしてビールがマズいと感じることがありました。コンパで酒飲まない女が多すぎてこっちが盛り上げて終わり。

コンパに参加せず、一万円分の買い物をZOZOTOWNでしたほうが経済的です。

5.吐きそうな奴や吐いてる奴が目障りで仕方ない

酒が弱いくせに適量以上を飲んで吐くのってダサいです。それを近くで見るのも悲惨で席が近いのに介抱しないと白い目で見られているような感覚にも陥ってきます。

集団による飲み会では一人はそういう迷惑な酔っぱらいが出てくるので飲み会はこりごりなんです。酒は大好きですが酔っぱらいは大嫌いです。

だから家呑みで十分楽しんでいます。

わたしの狭すぎる交友関係の中においては酒が飲めない気の合う同僚が何人もいて、そこが残念なところではあります。

飲み会に参加せず、日本酒の獺祭をアマゾンで購入した方がテンションあがります。